明石海峡大橋

Sponsored Link

明石海峡大橋の建設された、明石海峡の海の幸について

このエントリーをはてなブックマークに追加  

明石海峡大橋

明石海峡大橋の建設された明石海峡は、東西を大阪湾と瀬戸内海・播磨灘にはさまれ、瀬戸内海国立公園の一部でもある、豊かな自然の息づく海です。

 

 

 

たこつぼ型土器の発見により、縄文時代より以前から漁業が行われていたと考えられている、日本でも有数の豊かな漁場でもあります。

 

 

 

明石海峡大橋のちょうど下あたりは、『まえの瀬』と呼ばれでいます。

 

 

 

その『まえの瀬』で採れる魚介類は『まえもん』と呼ばれ、さまざまな魚が市場で取引されています。

 

 

 

早い潮の流れで育った『まえもん』は身がしまっていて美味しいです。

 

 

 

「明石鯛」や「明石ダコ」などの明石ブランド以外の、イカナゴ、アナゴ、カレイ、イワシのシラス(チリメン)などのさまざまな魚水揚げされています。

 

 

 

その数、実に100種類といわれており、明石海峡のすばらしさを感じさせます。

 

 

 

水産加工業も盛んで、ノリ、チリメン、イカナゴの釘煮などが特産品になっています。

 

 

 

明石海峡大橋を訪れた際は、是非『まえもん』も堪能したいものです。


このエントリーをはてなブックマークに追加  

Sponsored Link