明石海峡大橋

Sponsored Link

明石海峡大橋の魅力に触れる『橋の科学館』

このエントリーをはてなブックマークに追加  

明石海峡大橋

明石海峡大橋の神戸側の陸上には、『橋の科学館』が建てられ、明石海峡大橋を中心に橋についての技術的、歴史的展示が行なわれています。

 

 

 

 

見て、触れて、体験できるサイエンスミュージアムとなっており、それぞれのコーナーに設置されたビデオモニター映像やパネルでの紹介のほか、ケーソン、補剛桁建設時の模型を実際に操作し、より興味深く橋を知ることができます。

 

 

 

 

頭上には長さ40mの風洞実験に用いた模型も展示されており、明石海峡大橋をはじめとする本州四国連絡橋の建設がいかに壮大であったかを推し量ることができます。

 

 

 

 

見学時間、ふつう約30分〜40分程で入口から館内をぐるっとまわるように設けられた各コーナーを回り終えると明石海峡大橋の新たな魅力に気づくでしょう。

 

 

 

また、ケーブルの素線の実物サンプルが販売されておりお土産にもおすすめです。

 

 

 

開館時間は年間を通して9時15分となっていますが、閉館時間が季節により異なるので事前に調べてお出かけするようにしましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加  

Sponsored Link